産婦人科

tel_sp.png
メールで問い合わせ



専門医による産婦人科診療

高山産婦人科・内科では、日本産科婦人科学会専門医の資格を持ち、茅ヶ崎市立病院産婦人科などで治療を行ってきた院長が診察を行います。
女性疾患はもちろん、生理に関するお悩みや避妊・妊娠に関することなど、何でもご相談ください。

主な診療内容

  • 妊婦健診
  • 母乳に関するご相談
  • 女性器疾患の検査と治療
  • 生理に関するお悩み
  • 更年期障害
  • 性病検査
  • プラセンタ療法
  • 避妊に関するご相談
  • ピルの処方
  • 人工中絶手術

など

妊婦健診

妊娠チェックから妊娠中期までの妊婦健診を行っています。いつまで当院で妊婦健診を受けるかは出産の受け入れ先によって異なりますが、20週まで妊婦健診を受けた後に総合病院に行かれる方や、32週まで受けて里帰り出産をされる方などがいます。

定期的な状態確認だけでなく、つわりの緩和や水分摂取できない時の点滴なども行っていますので、妊娠中に何か気になることがありましたら、お早めにお越しください。

不妊治療

不妊でお悩みの方には、子宮卵管が通っているかの確認、ホルモン検査、基礎体温に基づく排卵日の確認、精子の検査、そしてカウンセリングを行っています。
これらの不妊治療で妊娠される方もいらっしゃいますが、もしそうではない場合には、人工授精や体外受精などの専門的な不妊治療を行っている医院をご紹介させていただくこともできます。

ご夫婦でお越しになる方もいらっしゃれば、男性か女性どちらかだけがご相談に来られることもあります。
当院は内科診療も行っておりますし、不妊に関しては精子の検査も実施していますので、男女問わずお気軽にご相談ください。

更年期障害

女性は閉経に伴い女性ホルモンの分泌量が減り、様々な症状が現れてきます。
当院では、漢方薬やホルモン剤を使った治療を行っていますので、症状が出てきた方は、お早めにお越しいただければと思います。

更年期障害の主な症状

  • ほてる、のぼせる、大量に汗をかく
  • 脈が早まる、動悸がする
  • 胸が痛い、頭が痛い
  • ふらつく、めまいがする、耳鳴りがする
  • 身体がだるい、重い、疲れやすい
  • 太る、痩せる
  • むくむ
  • 冷え症になる
  • 頻尿になる、尿もれが発生する
  • うつ状態になる

大豆成分「エクオール」を抽出したサプリメント

乳がんを発症したことのある方は、ホルモン剤を投与すると再発率が高まってしまいます。
そんな方にお勧めなのが、大豆の成分「エクオール」から作られたサプリメントです。
乳がん経験者が更年期障害の治療のためにエクオールを摂取することは、日本更年期医学会のガイドラインにも記載されています。

母乳外来

出産後に母乳の出が悪い、乳腺が詰まって母乳が出なくなった、胸が張って痛いといったお悩みをお持ちの方には、助産師が詰まっている乳腺を再び通すためのマッサージを行います。
また、母乳のやり方がわからない、母乳の量が足りているか心配など、授乳に関することなら何でもお気軽にご相談ください。

子宮疾患・乳がんの検査と治療

当院では、子宮頸がんや子宮体がんの細胞診(細胞を採取して異常がないか調べること)、乳がんの触診や超音波検査(エコー)を実施しています。
がんは早期発見することが何よりも重要です。少しでもおかしいと感じることがありましたら、念のため検査を受けておくようにしましょう。
なお、子宮筋腫や子宮内膜症などの良性疾患は当院内で治療を行うことができますが、悪性疾患の場合には総合病院をご紹介させていただくことになります。

ピルの処方について

ピルは避妊目的としてだけでなく、生理痛や生理不順、月経前症候群(PMS)の改善、そして生理予定日の調整にも活用することができます。
不妊、生理、ホルモンバランスに関するお悩みがある方は、お気軽にご相談ください。
なお、当院では、血栓症を防ぐために半年に一度は血液検査を受けていただくようにしています。

※ご希望があっても投薬禁忌の方や血栓症のリスクが高い方にはお出しできない場合もあります。

ピル処方の主な目的

  • 女性主導の不妊
  • 生理痛や生理不順の緩和
  • 経血量の軽減
  • 月経前症候群(PMS)の治療
  • ホルモンバランスの乱れによるニキビの治療
  • 生理日の調整(大事な予定がある日と生理日が重ならないようにする)
  • 避妊処置(モーニングアフターピル)

婦人科手術

1.バルトリン腺嚢胞開窓術および摘出術

バルトリン腺が閉塞し分泌液が貯留したためバルトリン腺が腫大したものを解除する手術です。

2.子宮内膜掻爬術

子宮内よりの性器出血の止血目的や、子宮体癌の確定診断のため施行。(基本的手技は、人工妊娠中絶や流産手術と同じです。)

3.筋腫分娩切除術

粘膜下筋の特殊型で子宮筋腫が子宮腔内より膣内に脱出したものに対し結紮切断します。

産科手術

1.人工妊娠中絶

出産が難しく、人工中絶手術をご希望される方は、できるだけ早い時期にお越しください。
当院では、妊娠11週までの初期中絶手術(掻爬術による日帰り手術)を行っております。もちろんプライバシー管理は徹底していますので、安心してご相談いただければと思います。
12週目以降になると手術の方法が変わり、入院施設が必要となります。また、時間が経てば経つほど母体への負担も大きくなっていきます。
中絶手術を決断していない方も、もし不安があるのではあれば一度早めに相談だけでもしておくようにしましょう。

2.流産手術

人工妊娠中絶と主義は同一ですが、これ以上妊娠継続が不可能なものに行う手術です。

3.その他の手術

皮下腫瘍摘出術

大きさや発生部位などによりますが、局所麻酔にて摘出可能なもの。

皮膚切開創縫合止血術

包丁やナイフ等で、誤って皮膚を切開した場合の局所麻酔下での縫合止血などの緊急処置。
※基本的に局所麻酔で対応できる処置については適時相談となります。

【事例】

  • 右前額部脂肪腫の局所麻酔下の摘出
    →眼鏡をかけるのに当たりがかけれなくなった為
  • 外陰部血腫切開ドレナージ
    →外傷性外陰部血腫で疼痛著明だった為に緊急処置として対応
クリニックブログ
TEL:(0467)73-1103 お問い合わせはこちら