クリニックブログ

tel_sp.png
メールで問い合わせ

2017.06.29更新

 昨日は、茅ヶ崎で「新たな脂質代謝異常症に対する治療戦略、LDLコレステロールに続く治療標的は?」という演題を聞いてきました。LDLコレステロールは下げれば下げるほど良いのか?、中性脂肪はどうするのか?、新たな薬剤は?というお話で、大変参考になりました。

投稿者: 高山産婦人科・内科

2017.06.23更新

 昨日は新宿まで上記研究会に出席のため行ってきました。内容は1題目として「婦人科超音波ー経腟プローベを最大限に利用するー」で藤田保健衛生大学の産婦人科講座臨床教授の関谷先生より内診のみの検診では子宮病変の約36%、附属器病変の16.7%しか発見できず経腟超音波検査併用の必要性につき説明がありました。また、粘膜下筋腫のみならず筋層内筋腫(子宮内宮の偏移を伴いない)ものでも不妊症の原因となることなど内容のお濃い講演でした。2題目は「超音波を用いた乳がん検診ー超音波検査の基礎から応用ー」で千葉県民保健予防財団総合診療センター診療部長の橋本先生よりガイドラインをもとにした一時診療を行う婦人科医として最低限判断しなければいけない点につき講演がありこれも一題目同様に内容の濃いものでした。

投稿者: 高山産婦人科・内科

2017.06.19更新

本日は「LEP製剤の連続投与レジメンによる月経困難症・子宮内膜症診療の新時代」という演題のWeb講演会の再放送を聴講しました。連続投与製剤の保健適応が認可されましたが、その有用性や安全性に対する講演でほぼ私が適応としている症例と同じような症例が適応であろうと演者の先生も言っておりました。いずれにせよ月経困難症・子宮内膜症で苦しんでいる方に新たな選択肢が増えるのは良いことだと考えます。

投稿者: 高山産婦人科・内科

2017.06.12更新

 本日は上記Web講演会を聴講しました。薬剤選択として当然ながら一日一回の薬のほうが脱落率が低く有用であることや、再診時の説明がより重要であることがよくわかりました。

投稿者: 高山産婦人科・内科

2017.06.08更新

 本日は上記講演会を聞きに藤沢市まで行きました。「高齢者うつ病の病態と治療〜脳卒中後うつ病と認知症の関連を含めて〜」という演題でした。脳卒中時における抗うつ薬の単独による脳神経保護作用の可能性についてのお話を興味深く聞きました。また、うつ病の治療で薬物療法が十分効果を発揮できないときは磁気による治療、さらに電気刺激による治療があることがわかりました。

投稿者: 高山産婦人科・内科

2017.06.05更新

 上記講演会をWebで聴講しました。舌下免疫療法は対象年齢の制限があるものの皮下免疫より副反応が一般的に軽度であることや自宅でできることなどの利点があるものの、やはり医師の目が届かないところで行うことなので、それ相応の注意が必要であることがよくわかりました。

投稿者: 高山産婦人科・内科

2017.06.04更新

 本日は、東京駅まで上記講演会を聞きに行ってきました。低用量ピルやミレーナについての講演でその有用性や注意点につき興味深いもので大変参考になりました。

投稿者: 高山産婦人科・内科

2017.06.02更新

 昨日は上記講演会を聞きに横浜まで行ってきました。一題目は、「高齢者心不全診療を考える」という演題で、治療というより、癌の中でも予後不良型と同じくらい予後の不良である心不全という病気をいつの時点で患者さんやその家族に説明するかというやや重たい演題でした。二題目は、「身近な法律問題〜医療過誤と訴訟〜」という演題で弁護士の先生による講演でした。いかに良くしようと思っていても必ず良くなるとは限らず、また、患者さんとの信頼関係の喪失などの点をいかに注意するかという大変難しいお話でした。

投稿者: 高山産婦人科・内科

クリニックブログ
TEL:(0467)73-1103 お問い合わせはこちら